シーバー病について

シーバー病

シーバー病とは何かというと、かかとの骨が剥がれたり、手前の軟骨部分に炎症が起こった状態のもので、踵骨骨端症とも呼ばれています。主に10歳前後のスポーツをしている成長期の小学生が発症しやすいです。

 

特に長く走るサッカーや、ジャンプを沢山するバスケットボール、裸足で行う体操や剣道等をしている場合起こりやすいのが特徴です。

 

シーバー病とは?

シーバー病

 

シーバー病の症状と原因ですが、まず症状としてはかかとの痛みや腫れ等があります。最初は運動する時だけに軽い痛みを感じるぐらいですが、次第にかかとが地面につくだけでも痛みが出るようになるので、つま先歩きをするようになります。

 

さらに症状が進行すると、何もしていない状況でも痛みが出るようになるので注意が必要です。

原因は何かというと、成長期のかかとへの負担が挙げられます。発症する多くの人は、10歳前後の小学校高学年の子供です。ちょうど成長期にも重なります。成長期の子供の骨は、元々ある骨以外に、新しく骨になる為の成長軟骨等の未熟な骨が沢山あり、強度も弱くなっています。

 

かかとの負担が大きな原因

また過度な運動によって、かかとに大きな負担がかかり、その結果シーバー病を発症しやすくなるというのも原因の1つです。この2つの要因が合わさる事で、未熟な骨や軟骨の一部が剥がれ、痛みや腫れが生じてしまいます。

 

加えて元々偏平足や外反足等、足の骨や関節に異常がある子供も、構造的にかかとに負担がかかりやすい為、シーバー病を発症しやすいです。

 

シーバー病の改善は当院にお任せください

シーバー病

 

かかとが痛むとうまく走るのも難しくなるため、スポーツをやっている方には影響がとても大きい症状となります。その場合は当院にお任せください!

 

経験豊富なスタッフによる施術で、お悩みを改善に導きます!

 

お問い合わせはこちら

 

営業日程
ご予約・お問い合わせ

※ 時間外でのお問い合わせについては、問い合わせフォームからご連絡ください。

心身整骨院・鍼灸院

〒553-0006 大阪市福島区吉野2-15-5
地下鉄千日前線「野田阪神」駅・JR東西線「海老江」駅 7番出口より徒歩1分
※新橋筋商店街の美味しいうなぎ屋さんの前