変形性膝関節症について

 

ひざの痛みが発生する原因にはさまざまなものがありますが、その一つに変形性膝関節症と呼ばれるものがあります。中高年に主に発症する症状ですが、膝の痛みが発生する仕組みは非常に複雑になっています。最適な治療を行うためにも、しっかりとどのようなことが原因で痛みが発生しているのか、またその症状を見極めることが重要です。

 

変形性膝関節症の原因

 

一般的に中高年の多くが膝の痛みを抱えながら生活しているのが実情です。なぜ年齢を重ねると膝が痛くなるのだろうと気になる人もいるかもしれません。一般的に歩いている時に、膝関節に体重の3倍を超えるような負荷がかかっています。こんなにも負荷がかかっていながらも、痛みを感じることなくスムーズに動かすことができるのは、関節に軟骨が存在しているからです。

 

しかし加齢に伴って、またさまざまな原因によって軟骨が擦り減ってしまったり、破壊されることになります。すると関節炎が起こって膝の痛みが発生します。

 

膝の痛みとして最も多くみられるのが変形性膝関節症です。これは遺伝的な要素だけではなく、肥満やO脚や変形など様々なことが絡んで起こる一次性のものと、けがや内臓疾患などが原因となって発生する二次性のものがあります。その中でも特に一次性のものが多く、40歳以上の5人に一人がかかっているとも言われていて、女性に多い特徴があります。

 

変形性膝関節症の痛みにはどのような特徴があるのかというと、切り傷を作った時に発生するような明確な鋭い痛みはありません。膝が痛いけれども、膝のどこが痛いのか明確にはわからないような鈍い痛みや不快感を感じることが多く、歩きはじめたときに発生したり、長く歩きつづけていると発生するような特徴があります。

 

変形性膝関節症については当院にお任せください

 

変形性膝関節症でお悩みの方は心身整骨院・鍼灸院にお任せください。当院はあなたが「笑顔」になっていただけるように、最善の方法で施術を行います。ぜひ一度、福島区でたくさんのご支持を頂いている当院へお越し下さい!心よりお待ちしております。

 

営業日程
ご予約・お問い合わせ

※ 時間外でのお問い合わせについては、問い合わせフォームからご連絡ください。

心身整骨院・鍼灸院

〒553-0006 大阪市福島区吉野2-15-5
地下鉄千日前線「野田阪神」駅・JR東西線「海老江」駅 7番出口より徒歩1分
※新橋筋商店街の美味しいうなぎ屋さんの前