顔面神経麻痺について

 

顔面神経とは主に顔の筋肉を動かすための神経で表情を作ったり会話をしたりする際には欠かせない動きをする神経です。顔面神経麻痺は脳出血や脳腫瘍など、さまざまな原因によりこの神経への信号が途絶え、顔の筋肉が動かせなくなる疾患です。

 

これは脳と脊髄に原因があるものである「中枢性の麻痺」と脊髄から伸びている神経に原因がある「末梢性の麻痺」に大別されます。

 

顔面神経麻痺の症状

 

顔面神経麻痺の症状としては麻痺側の瞼や口が閉じれなくなるので顔を洗う時目に石鹸水が入る、発音がうまくできないなどの日常生活動作に支障をきたします。また、耳鳴りや聴覚異常を感じるケースもあります。

首筋の痛み、喉の痛みや腫れ、後頭部に針で刺されたような痛み、風のようなだるさ、舌の痺れや味覚低下を起こす場合があるので、麻痺の発症前に喉が腫れたりしなかったから、慢性副鼻腔炎ではないかなども確認します。

 

当院では、麻痺側の顔の筋肉や皮膚に対して刺激を与えていく治療をしていきます。
ツボとしては主に頬車(きょうしゃ)、四白(しはく)、えいふう、廉泉(れんせん)があります。中でもえいふうは顔面神経の通り道にあたるので、特に重要です。

頬車も咀嚼する筋肉の上に位置するので重要なツボで、咀嚼する機能が低下すると消化不良になりやすく、栄養の補給が妨げられ症状の回復が遅れていきます。廉泉は舌の動きを改善します。

 

針の効果を高めるためにマッサージを併用しており、えいふう、頬車を重点的にマッサージをするほか、麻痺側のおでこやあご、耳たぶやな対する手技も重要となります。

 

顔面神経麻痺でお悩みの方は当院にお任せください

 

顔面神経麻痺の治療は、原因によって治療方法が異なります。朝起きたら顔が動かなかったり、ケガの後に麻痺が生じることもあります。 麻痺が起きた際は、早期の治療が必要ですのでお早めにご相談ください。

 

心身整骨院・鍼灸院では、お一人お一人のお悩みに合わせた施術で、患者様の生活が豊かになるよう全力でサポートしております。
「表情をつくれない」「水を飲もうとすると口からあふれる」など、お顔のお悩みがありましたら、お気軽にご相談ください。

 

お問い合わせはこちら

 

営業日程
ご予約・お問い合わせ

※ 時間外でのお問い合わせについては、問い合わせフォームからご連絡ください。

心身整骨院・鍼灸院

〒553-0006 大阪市福島区吉野2-15-5
地下鉄千日前線「野田阪神」駅・JR東西線「海老江」駅 7番出口より徒歩1分
※新橋筋商店街の美味しいうなぎ屋さんの前